ライン
撮影日:2000/09/27

スイフヨウが咲きました
。酔芙蓉と書きます。
。酔っ払いという意味のようです。
朝は、下の写真のように真っ白く咲き出します。そして10時ごろになりますと右上のように薄いピピンクに染まります。
午後3時を過ぎるころから濃いピンクに変わります。右下の写真です。
暗くなる頃、ますます色濃くなって一日花で終わります。




《スイフヨウ》

《スイフヨウ》


《スイフヨウ》
夕方

チュ−リップのような形で、、茎だけスーとのびた先に咲き出します。ヒガンバナ科です
輝黄色の花は5センチほど、、花後に、ヒガンバナと同じような葉が青々と出てきます。


《シュテルンベルギア ルテア》

秋は、ほとんどが、宿根草です
この孔雀アスターもそのひとつで、夏ごろには、あばれまわってうっとおしいのですが、咲くと、一株でこのボリュームです。


《アスター ヴィミネウス》
ディライト

《黄マーガレット》
苗をいただいて、2年目に咲き出しました。
ちゃんとした名前がわからないのですが。

《ヘリアントウス アルゲヒィロス》
銀色の葉を持つヒマワリといわれ、大雪山という名前で種から育て、今咲いています。

TOP

ライン

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO