ライン
2001/03/21



《ミモザ》
モリシマアカシアといわれるものと思われます。
10年程前、湘南の大きな庭を持つ友人の所から10センチほどの苗を頂いたもので、今では、わが家で一番大きな木です。
ミモザって甘い匂いがするのです。
なぜかミモザという名前そのものが好きですね。



《レンギョウ》
まだちいさな木ですが、垣根を越えて、道路に顔を出して鮮やかな黄色で咲き出しました。

地味な花ですが、はっとするようないい匂いです。
ヒイラギナンテンと呼ばれて、難を転ずるということで昔から庭に植えられていたようです

《ヒイラギナンテン》



《オギザリス》
たくさん種類のあるカタバミの中の黄色版です。いつもなら11月から、さみしくなる花壇で、けなげに咲いていたのですが、今年の寒さでは、じっとしていて、ようやく咲き出しました。


《アネモネ》
花屋さんで、小さな苗を買いましたが、このあたたかさで
みごとに咲きそろいました。
ウインド フラワーとも呼ばれ風に揺れる姿が可愛いものです。
夕方は花が閉じます。

このチュウリップの鉢苗も花屋さんで買ってしまいました。
7個の蕾がついて500円でした。
球根で買うよりも安くて、なんだか気の毒な気がして。
手間隙のかかった苗がどうしてこんなに安く売られるのかと不思議に思うことがあります。
庭の花壇のチューリップはまだ蕾も見えません。

《チューリップ ピンクダイアモンド》

TOP

ライン

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO