ライン
2001/10/12

秋晴れのもと、今日から一般公開される町田市にある白洲正子さんのお宅を訪ねました。
そして白洲さんが好まれた野の花たちをそこの近辺で探してみました。


  
ぶあいそう   と呼ぶそうです。
町田市能ヶ谷にあり昔の農家だった屋敷。 能や,骨董の世界、野の花など本で知るだけでしたが風格の有る素敵なお住まいを見ることが出来て改めてファンになりました。
下は門を見る。


室内の撮影は出来ませんでしたが,大きなケヤキのテーブル,飾ってある古い花瓶,布等、どれもこれも本当にいいものでした。



ワラ屋根の屋敷は白い漆喰と黒光りする木の柱や建具、竹や木のランプなど懐かしさが一杯でした。
子供のころによく見た日本家屋の持つよさが有りました。

庭も広くて大きな柿の木が実をつけていて
山茶花の植え込みには石仏がとても自然に置かれていました。

竹の林,梅ノ木、大きなケヤキや椎の木、自然の樹形のままに眺められて、郊外に住むよさを楽しまれたのでしょう。
また季節をかえて訪ねたいものです。


コスモス
武相荘からそう離れていないところの休耕田ではコスモスが色とりどりに咲き乱れその向こうには色づいた柿の実。


 セイタカアワダチソウ
川沿いの道には黄色のこの花が続いていました。


ヨメナ
これも川沿いに群生していて秋を知らせてくれます。


ダリア
道路沿いの畑にダリアが咲いていました。町田市には有名なダリア園もありますノボタン
民家の庭先で見事な花のつき方です。

TOP

ライン

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO