ライン
2001/02/21




《オリエンタリス ハイブリット》
白い花弁に紫のスッポット

《オリエンタリス》》
純白になります
クリスマスロ-ズが咲き出しました。
クリスマスの頃蕾は持ったのですが、いつになく寒かった今年は、雪にも会ってじっとしていたようで、この2、3日の陽気で一気に咲き出しました。

常緑のキンポウゲ科の宿根草で1年のうちで最も花の少ない冬から春にかけて咲くのでこの頃とても人気のある花です。わが家には10年位前にきました。
こぼれダネから増えて今では大きな鉢にいっぱい咲いて、5月ごろまで楽しめます。寒さに強いのでもみじの下にもじか植えもしています。


かっちとした花の形と、長く咲いていること、色が落着いていることから、クリスマスローズに恋していると公言している男性園芸家を知っています。


我が家でも色々植えたのですが、残っているのは、4種類ほど、
とても丈夫な種類だけですが、わたしもやはり恋しているといいたいほど好きな花です





《パヒオフェデラム》

このランも渋い花ですが、形が面白く花期が長いので気に入ってます。
毎年1本か2本ぐらいより咲かないのですが、山で咲くクマガイソウとかアツモリソウを思い出させてくれます。


ランは、わたしにとっては,花の少ないこの時期に咲いてこそのもの。
春になり、小さな花たちが庭で咲き出すと、どんなにあでやかに咲こうとも、2番手、3番手の花となります。
ラン愛好家には叱られるかも。


《エゾニシキ》
我が家のつばきは、ワビスケが多いのですが10年程前に伊豆へ行った時に記念に買ったものです。木が元気なので花つきがよくてにぎやかです。

《シンビジューム》
これは先回に咲き始めに載せてありますが、今
6本が咲きそろいましたので記録にと思っています。
株が元気な頃は12本もの茎にびっしりと花をつけたこともあります。

TOP

ライン

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO