ライン
2002/05/08
庭の花の種類が一番多いとき
その中でまづはこだわりのあるものから



《ジキタリス》
真っ白のジキタリスを咲かせたいと
長いこと思っていましたが
なかなか苗に出会わなくて。
種は蒔いたことがありますが失敗ばかり。

英国風ガーデンではよく見かけるので
なんとなく憧れがありました。
英名のフォックスグローブもいい。





《シュネビッチェン》

下の写真のトレリスで咲いています。
今まで選定していて気がつかなかったのですが
どうもツルバラのようです。
お日様に背を向けて家を覗き込むように
咲いている1輪



  南東の窓、バラがピンク2種、白2種類と
マーガレット、アグロステンマ、ミヤコワスレ
等が咲いています。


《デルフィニューム・ブルーバード》
今年も苗を買いましたが この1本だけが
早々と咲き出しました。
いつもラベルどうりの色が咲くとは限らないのですが
今年は期待どうりの色です。


《ハニーサックル》
スイカズラともいわれ、なんともいい香りがします。
この時期はバラ、ジャスミン、テイカカズラの香りで
庭仕事がとても楽しいものになります。




《シノグロッサム》
2年目でやっと咲きました。英国から届いた種からです。
シナのワスレナグサとでもいいますか、、
ピンクの小さな花と白っぽい葉。





《プロスタンセラ バレリーナ》
シソ科のオーストラリア原産のミントブッシュです。
前は紫色の花で香りも強いのがありましたが
昨年突然枯れて・・・・
同じものよりと思いその後、香りも色もやさしい
ほうを求めました。
2ヶ月ぐらい次々と咲きます。



ライン

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO